子育て

8ヶ月でインフルエンザにかかった娘

投稿日:2020年1月10日 更新日:

初めてインフルにかかった、ゆきうさです。

インフル、なめてました。

かかった事なかったから、

予防接種もせずに冬を迎えましたが。。

来年は予防接種受けます!

娘も私たち夫婦も。

さて、娘のインフルですが、

発症は月曜日。

夕方から熱が上がり始めて

グズグズしっぱなしで、

抱っこの時間が長かったです。

体に発疹も出てきて、

肌着のロンパースの首元を力一杯引っ張って

痒みを訴えていました。

思い起こせば、日中も

自分の髪の毛を掻き毟っていたんですよね。

普段が36.5度近辺の娘ですが、

赤ちゃんの平熱を超えてきて、

気になってこまめに体温を測っていたら、

38.5度を超えてしまい、

夜間診療に行ったけれど、

その時は機嫌が良く声を出していて

風邪でも発疹は出るから、と、

特に薬も処方されずに帰宅。

翌朝、39度を超えてきて

かかりつけの小児科へ。

鼻からのインフル検査に泣きながら

体重測定もしてもらいながら、

結果を待つと。。

インフルエンザA型

陽性反応でした。

看護師さんから、

どこかで拾ってきたのねって言葉で

あぁ。。と思いました。

タミフルドライシロップと

頓服カロナール、咳止め、

湿疹用の塗り薬を処方されて

帰ってきて取り急ぎカロナールを。

母乳、ミルクもあまり飲めず

食欲不振を薬剤師さんに伝えたところ

先にカロナール服用を勧められたのです。

そのあと、タミフル。

不味そうに飲んでました。

2回目からは

和光堂の

お薬じょうず服用ゼリー顆粒タイプを使用。

翌日には熱は下がりましたが、

熱が上がってきた日とタミフルを飲んだ日の

2晩の夜中の泣いて起きる頻度たるや。。

ほぼ1時間に1回。

日中もずっとグズグズしたり

ギャン泣きで

抱っこしてても身をよじらせたり。

1人でみてるのは辛かった。

解熱後3日で子供のいる場所へ

行って良いとのこと。

娘の発症から3日目。

(娘が解熱した日)

今度は私がインフルになるのでした。。

戦々恐々としながら

熱が上がり始めてヤバイと思い、

近所の内科に電話をして娘を連れて受診。

結果は陰性。

漢方薬と頓服を処方されて、

熱が上がってきたら、再診をと。

夕方すでに38度を超えて上がってきたのですが

再度病院へ行く気にはなれず、

旦那さんの帰りをひたすら待ちました。

娘の熱が下がったとはいえ、

調子が悪い事に変わりはなく

とにかくグズリ、

抱っこをしているのがしんどかった。

その日から、

普段からお腹の弱い娘は下痢が始まって、

様子も見てました。

予備でもらっているビオフェルミンを

タミフルと併用していいのか確認しようと

思いつつも

自分の熱に気を取られている間に確認する前に

病院が終わってしまい、

翌日は休診日。

多くの個人医院が木曜休診で

私が行った内科も木曜休み。

翌日には自分も39度を超えて

頓服も効かず、動くことも辛くて

家で安静にしていたけれど、

さすがに39.5度の体温を見て、

夕方に家から15分弱の内科へ。

検査の必要もなくインフルだろうと

治療をしましょうとイナビルを吸入。

帰ってきて、少し熱も下がり出してきたので

安心していたのも束の間。

娘同様?お腹を壊し、

深夜の授乳で起きて

授乳していたら

気持ちが悪くなってきて

早く終わらないかなって思っているうちに

意識を失っていたようです。

旦那さんの声で目を覚まして

娘はミルクで対応してもらい、

私はそのまま休みました。

朝もなかなか起きられず

熱は下がっても目眩やら

血圧が下がりすぎてるのかクラクラで。。

食欲もなく、

相変わらずお腹は痛い。

どうやら、

イナビルの副作用の部分も

あるらしい。

インフル、我が家で猛威をふるっている。

旦那さんがかからないか、

心配です。

ちなみに、

娘の下痢は小児科を受診して

手持ちのビオフェルミンとミルラクトを

飲ませたいタイミングで

飲ませてOKとのことでした。

お腹が弱い子だって言われたそうな。

これだけしょっちゅう病院行ってればね。。

離乳食はホント進まないです。

まぁ、のんびり行きます。

では、また。


-子育て
-, , , ,

Copyright© ゆきうさブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

Close Bitnami banner
Bitnami