娘の絵本棚

2歳7ヶ月の娘の絵本棚

投稿日:

娘の絵本棚の整理に頭を抱えるゆきうさです。

この1ヶ月も娘さんは絵本をよく読みました。お膝にドスンと座ってきて読んだり、自分で開いて読んだりと、楽しい絵本時間を過ごしていました。

さて今回の購入絵本です。

105・『ミッケ!クリスマス』小学館

106・『ふかふか』国土社

107・『ノンタン!サンタクロースだよ』偕成社

108・『さんかくサンタ』絵本館

これらは全てよく読んでいます。クリスマス絵本はたくさんあるので、今年は11月、12月で1冊ずつ購入しようと思っていましたが予定が狂いました。

11月は自分が好きだった『ミッケ!』シリーズを購入しました。まだ少し早いかな?とも思いましたが、問題にあるものを探したり、難しいページや問題は目についたものを「みっけ!」と指をさしたり、「みっけ!」と声に出しても場所は教えなかったりしながらも探し絵本を楽しんでいます。

12月に入り、そろそろ2歳8ヶ月分の(クリスマス)絵本を選び出したのですが、数がありすぎてなかなか決められず、やっと、これだ!(特殊車両のクリスマスの絵本)と決めて、ネット注文をしようとしたら人気なようで、在庫なしのサイトが多く、大きめの書店に探しに行きました。

すぐに見つかったので娘に見せると、他のがいいと言われ(書店に絵本がありすぎて楽しくて仕方がない様子で)結局、『ノンタン!サンタクロースだよ』と『さんかくサンタ』をお迎え。毎日読んでいます。でもまだ暗唱できるところまで読み込めていないようで、「読んで」と持ってきます。1人で開いていても「音(よくわからない表現なのですが。。そう言っています)が出ないから」と言っています(笑)

そして、順不同になっていますが『ふかふか』。

こちらはTwitterで繋がらせていただいている、おのかつこさんの絵本です。今年、原画展を3会場で開催されていて、ずっと見に行きたくて、念願かなって最後の国立での展示でご本人にもお会いすることができ、娘宛にサインを書いていただきました。読み始めた最初の頃は気になったフレーズを頭に入れるためか、何度も「もう一回」、「もう一回」と次頁に進ませずに読んであげました。1冊読み終わった最後の締めは裏表紙のイラストを一つ一つ読み上げて遊んでから『ふかふか』タイムを終えています。

家に合った絵本

109・『おばけっけ』フレーベル館(ころころえほん)

こちらは娘に読んだら、どんな反応を示すかな?と思って読んでみました。少しの間、「おばけっけ読む!」と言っては私の絵本棚を物色していました。

そのうちパタパタと上記の新入り絵本が入ってきてしまったので、今は思い出してくれるのを待っています。

付録絵本

110・『いちごサンタ』白泉社(kodomoe)

こちらもとても楽しく読んでいました。最近は読みながら「どうして?」「どうして?」が増えてきました。いちごサンタとこの子達はどうして一緒にいるの?とか。娘の疑問は、とても考えさせられます。そしてテキストを書かれた大塚健太さん、やぱっりすごいなぁ、としみじみ感じた一冊でした。私ももっと絵本のテキストを書いて勉強しなければ。健太さんは以前通っていた絵本講座で何度かお目にかかったことがありますが、ご自身もとても素敵な方でした。

娘の絵本棚、今年の更新はこれにて。

娘との絵本時間で得るものは大きい。もっと、もっと私も頑張ろう!

そう思うばかりです。

では、また。

-娘の絵本棚
-, , ,

Copyright© ゆきうさブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

Close Bitnami banner
Bitnami